フロアコーティングを依頼する前に見積もりで値段を把握しよう

フロアコーティングする意味とは?

なぜフロアコーティングが人気なのかと言うと、大きなメリットを感じられるという理由が大きいです。そのメリットとはフローリングへの影響が少なくなり、家の寿命は伸びるからです。コーティングすることで水分や汚れにも強くなるので、お子様やペットがいる家庭におすすめです。またフロアがピカピカになることで家全体の雰囲気が大きく変わります。ですがコストが掛かります。でも、コーティングの有無は大きな差を表れます。コーティング無い場合はキズが目立って、汚れも落ちにくくなるケースは少なくないです。綺麗な家を保つためにもフロアコーティングは必要不可欠です。また、フロアコーティングをするには業者へ依頼をしなければなりません。そのとき、業者選びに失敗すると後悔することになりますので、しっかりと見極める方法を身に付けていきましょう。

信頼できる業者とは?

作業員

曖昧な見積りをしない。

もしアナタがフロアコーティングを業者に依頼する時、見積り額と実際に支払う値段が違うとビックリしますよね。悪徳業者の戦法としてこういったやり方があります。曖昧な見積りを出してくる業者には依頼することはやめましょう。しっかりと隅々まで、納得できる見積りを作ってくれる所なら安心できますし、追加料金を支払うこともありません。

対応が丁寧!

受付が適当に対応していると、社員教育が行き届いていないと思ってしまいますよね。まさにその通りです。そういった適当な対応をしている業者に限って、施工が雑、工期に間に合わない、なんてこともあります。最初のファーストコンタクトで印象の良い会社は社員も良い教育を受けていることでしょう。

生活用品にご注意!

キレイになったフロアで生活をしていく中で、注意を向けて欲しいところがあります。それは生活用品です。多くの用品の中でも要注意なのが、スリッパと家具です。スリッパには細かいゴミが付着しやすいので、そのゴミが擦れてコーティングを傷つけてしまう恐れがあります。スリッパの底はフェルト生地が理想です。また、タンスや本棚などの家具の底面にもフェルト生地の保護シールなど貼っておきましょう。

フロアコーティング業者に依頼する流れ

まず、業者を探す。

業者を探す方法は主に紹介かネットになります。特に多いのがネットなどで口コミ情報を確認して依頼するケースです。依頼したことある他の方の口コミ情報を参考に探してみましょう。

見積り依頼をする。

気に入った業者を複数決めたら、見積りを全社に依頼しましょう。そうすることで、施工にかかる値段の比較をすることが可能になります。もし他の業者にも見積りをしてますか?と聞かれたら素直に、はいと言いましょう。すると、値引きやサービスで競い合う可能性があります。

施工開始!

見積りで納得した業者が決まったら、早速依頼しましょう。その時に日時を決めてください。すべてOKが出たらいよいよ施工開始です。ちなみに工事日には色々な荷物を室内に運んでくるので、運びやすいように通路とスペースの確保をしておいて下さい。

施工中について

業者が施工を始めたら、邪魔をしないようにしましょう。機械のみで行う作業ではなく、人の手も必要なので邪魔をしてしまうと手が止まり、作業効率が悪くなります。そのため必要なこと以外話しかけない、作業スペースに入らないなど業者が動きやすい環境作りをすることも大事です。

全行程終了!

施工が終了したら、業者に支払いをします。それで全行程が終了します。ですが、ココでチェックポイントが一つあります。業者が帰った後は業者の忘れ物がないのか確認しましょう。中には一日に数件の依頼が重なっている場合があるので、道具の忘れ物で他の家の施工時の効率を下げてしまいます。もし忘れ物があれば、早急に担当者に連絡してあげると業者も助かります。

フロアコーティングにはたくさんの種類があった

刷毛と積み木

種類や値段を知ろう!

施工した後のフロアのピカピカ感はたまりません。フロアコーティングには、実は何種類ものコーティング方法があります。その種類によって特徴や値段も違ってくるので、見積もりの前に押さえておきましょう。どれにするのかある程度決めておけば、見積もりで細かい値段を出しやすくなりますよ。

READ MORE

[PR]

広告募集中